宝石物語 「石の言霊(ことだま)ロマンティック・ストーリー」

1月の宝石/ガーネット
January / 1月
ガーネット
2月の宝石/アメジスト
February / 2月
アメジスト
3月の宝石/アクアマリン・コーラル・ブラッドストーン
March / 3月:アクアマリン・
コーラル(珊瑚) / ブラッドストーン
4月の宝石/ダイアモンド・水晶(クオーツ)
April / 4月
ダイアモンド /水晶(クオーツ)
5月の宝石/エメラルド・ジェイド
May / 5月
エメラルド / ジェイド(翡翠)
6月の宝石/アレキサンドライト・パール・ムーンストーン
June / 6月:アレキサンドライト
パール(真珠)/ ムーンストーン
7月の宝石/ルビー・カーネリアン
July / 7月
ルビー / カーネリアン
8月の宝石/ペリドット・サードニックス
August / 8月
ペリドット / サードニックス
9月の宝石/サファイヤ・アイオライト
September / 9月
サファイヤ / アイオライト
10月の宝石/オパール・トルマリン
October / 10月
オパール / トルマリン
11月の宝石/トパーズ・シトリン
November / 11月
トパーズ / シトリン
12月の宝石/ターコイズ・ラピスラズリ・ジルコン・タンザナイト
December / 12月:ターコイズ
ラピスラズリ / ジルコン/タンザナイト
色で選ぶジュエリーイラスト図解で見る指輪の意味
1月の宝石:ガーネット (Garnet)【柘榴石(ざくろいし)】
変わらぬ愛を誓う、ガーネット画像、ジュエリーリメイク変わらぬ愛の象徴「ガーネット」
【石言葉】
変わらぬ愛・真実・友愛・貞操
【歴史と言われ】 1月の誕生石とされるガーネットは、その結晶面の美しさから、「天然のカット宝石」と言われているほどです。この鉱物がザクロの果実の粒に似ていることから日本名も柘榴石(ざくろいし)と名づけられています。ラテン語で「種子」が語源と言われるように、生命力や成長を象徴するジュエリーです。魔除けのお守り石として、ヨーロッパに遠征した十字軍兵士たちが身につけたと言われています。また、ギリシャ、ローマの教会や寺院を飾る窓にはめ込まれていました。「貞節」「友愛」「忠実」を宝石言葉に持つ石です。欧米では変わらぬ愛を表現する石として、結婚18周年を祝う記念のプレゼントにされています。ドイツを代表する詩人ゲーテの恋人も逢瀬のときにはガーネットを身につけていたといいます。
《効果と意味》
■ガーネット:ココロと人生におよぼす効果
◎古くはカルプスクルス「燃える石炭」とも呼ばれ、災いから身を守るほか、優れた治療薬として用いられたもっとも古い宝石と言われています。
◎この宝石を持つ人には、変わらぬ愛情が保証され、忠実・貞節を守るパワーがあるとされています。
■ガーネット:カラダにおよぼす効果
◎心臓病の治療に用いられたほか、体内毒素を排出します
【お手入れとご使用の注意】
 太陽に当てて浄化するとパワーもアップします。すべての浄化法を用いて問題ありません。
【1月の言葉】
 1月に生まれたものは
 ガーネット以外身につけてはならない
 この石は持ち主に貞節と忠誠を約束する
 きらめくガーネットはつねに
 信頼と貞節と真実をつかさどる 〜 「宝石と鉱物の文化誌」より
2月の宝石:アメジスト (Amethyst)「紫水晶」
不眠を解消、精神安定のアメジスト画像、ジュエリーリメイク恋愛成就、愛の守護石、さらに浪費を抑え、節約上手になる「アメジスト」
【石言葉】
  高貴・誠実・心の平和
【歴史と言われ】
  「浄化」と「再生」を意味するアメジストは強力な清浄作用があり、新しい運気を呼び込むのに役立ちます。日本では紫水晶といわれる通り、紫を帯びた水晶です。大きな結晶で発見されるのはまれで、紫色が均一のものも稀少です。
 名前の由来はギリシャ語で「酒に酔わない」「酔いを覚ます」という意味があります。「酒(methy)」の意味と否定に意味“a”を合わせてAmethyst、になります。「この石でできた杯で酒を飲めば、悪酔いしない」と言われています。
 この石の紫色は、昔から宗教的、霊的権威の高い色とされてきたため、様々な分野の多くの人々に保有されてきました。古代エジプトでは装飾品や護符として、ユダヤの祭司の胸当てに飾られたり、キリスト教世界では「司祭の石」ともされ、祭司全員がこの指輪をはめたそうです。紫色はスピリチュアルなものとのつながりが深まります。お祖母様やお母様の形見としてアメジストの指輪があったら、ぜひ身につけてみてくださいね。
【効果と意味】
■アメジスト:ココロと人生におよぼす効果
◎恋愛成就 ◎精神的不調を緩和する精神安定剤のような石 ◎ネガティブな感情を抑制し瞑想導入を促す
◎持つ人の潜在能力・魅力を引き出し成長へ導く ◎冷静な判断力で、欲望をコントロールする
◎感情を解放し浄化する ◎深い瞑想に導く
■アメジスト:カラダにおよぼす効果
◎血液浄化 ◎解毒・解熱効果 ◎皮膚病緩和 
◎不眠解消 ◎エネルギーの流れをよくする
【お手入れの注意】
 太陽の紫外線で変色し褐色がかっていくので、状態を保つには直射日光を避けて、黒い布や袋に保管するとよいでしょう。太陽による浄化は避けましょう。
【2月の言葉】
 2月に生まれたものは
 アメジストを身につけていれば
 誠実と心の平安を得て
 激情と不安から解放される
 この石の持ち主がアメジストを大切にすれば
 争いと不安から逃れられる 〜 「宝石と鉱物の文化誌」より
3月の宝石:アクアマリン[藍玉](Aquamarine)/コーラル[珊瑚](Coral)/ブラッドストーン(Bloodstone)
転職・夫婦和合のアクアマリン、恋愛のストレスを浄化するコーラル(珊瑚)画像、ジュエリーリメイク1)転職や思い切ったチャレンジを応援する
「アクアマリン」(Aquamarine)(藍玉:らんぎょく)
【石言葉】
  勇敢・聡明・沈着
【歴史と言われ】  ベリル(beryl)の一種で、淡い青色からディープブルーまで海水の青色のものを言います。産出された原石のほとんどは緑色味を除いて美しい青色にするため色改善の熱処理がほどこされます。
 名前の由来はラテン語の「水(aqua)」と「海(marine)」からきています。神話には「海底の美しい海の精の宝物が、浜辺に打ちあげられて宝石になった」というロマンティックなお話があります。古くより、古代ローマの漁夫たちが、海難防止と「豊漁の石」としてお守りにしていました。宝石職人たちは、指輪やイヤリングなどの装飾品を作り、エジプト王家の墓から、この石の数珠が発見されています。幸福や富、夫婦和合の力があり、穏やかで平和な精神状態に導きます。リンパ系や目の不調に効果があるとされています。
【効果と意味】
■アクアマリン:ココロとカラダにおよぼす効果
◎持つ人の精神を鎮めて、穏やかで平和な気持ちへ導きます
◎幸福、健康、富の象徴 ◎幸せな結婚 ◎夫婦和合
◎目の不調改善 ◎視力回復 ◎リンパ腺、リンパ管の病気治療
【お手入れの注意】 
 ホワイトゴールドと好相性です。夏に似合うジュエリーです。すべての浄化法を用いて問題ありません。人からもらうと運気が上がります。

2)恋愛のストレスを浄化する「コーラル」(Coral)(珊瑚:さんご)
【石言葉】 幸福・長寿
【歴史と言われ】 宝飾用の貴重なサンゴはその色によって、アカサンゴ(赤色)、シロサンゴ(白色)、モモイロサンゴ(ピンク色)、ベニサンゴ(紅色)に分類され、半透明ないし不透明で、鈍いガラス光沢を放ちます。古代から洋の東西を問わず、広範な地域人々に用いられています。ローマでは子どものお守りとして、インドでは護符としてそして中国では七宝の一つとして珍重されました。海や河を安全に渡り嵐を鎮める力があるとされ、船乗りのお守りとして崇められたそうです。
■産地:中国
【効果と意味】
■コーラル(サンゴ):ココロとカラダにおよぼす効果
◎イライラ・混乱した感情を鎮めます
◎慈愛への導き ◎発狂を抑制します ◎不妊予防 ◎解毒作用
【お手入れの注意】 
 硬度が低く、キズつきやすいためていねいに取り扱いましょう。夏場、汗を掻きやすい季節に身につけた後そのままにしておくと、変質や劣化のもとになるので、やわらかい布等で汚れを拭き取ってから保管しましょう。浄化はすべての方法がOKです。

3)冷え性改善の「ブラッドストーン」(Bloodstone)(血石、血玉髄:けつぎょくずい)
【石言葉】 叡智・勤勉・努力
【歴史と言われ】 「十字架に架けられたキリストの傷口から滴り落ちた血が、ジャスパーになった」という言い伝えがあります。自己献身の象徴とされています。古来エジプト人はこの石を粉末にして蜂蜜に混ぜたものを止血剤として用いていました。
女性には鉄分不足を補い、妊娠の際には流産を防ぐとされます。血液に由来する石とされ脳細胞の活性を促し、集中力を増し、創造的な直感力を高めるとされます。
 ダミゲロンはブラッドストーンを身につけると知的能力や肉体の健康が保たれ、思慮深さや尊敬がもたらされ、詐欺にもあわないと述べています。※「宝石と鉱物の文化誌」p93より
【効果と意味】
■ブラッドストーン:ココロとカラダにおよぼす効果 
◎妊婦さんが持つと流産を防ぐといわれています ◎冷え性の方には血行促進効果があります
◎止血剤として、血液の病気治療に用いられました  ◎血液を浄化します
【お手入れとご使用の注意】
 日光浴、お香、月光浴、粗塩、水晶による浄化法を用いて可。
【3月の言葉】
 3月にはじめて 
 この世で目を開いたものは、賢く 
 ブラッドストーンを死ぬまで身につけていれば 
 困難の日々にも揺るぎない勇気をしめす 
 ジャスパーを身につけているものは、人生が長いか短いかにかかわらず 
 勇気と智恵と強さで困難に立ち向かう 〜 「宝石と鉱物の文化誌」より

4月の宝石:ダイアモンド[金剛石](Diamond)/水晶[クオーツ](Quarz)[石英]
財運・金運アップのダイアモンド、水晶(クリアクオーツ)あらゆるものを浄化するクリスタルクオーツ 画像、ジュエリーリメイク1)運気パワーアップの万能石「ダイアモンド」 (Diamond)[金剛石:こんごうせき]
【石言葉】 永遠の絆・純潔・清浄無垢
【歴史と言われ】 最高の硬度を持つダイアモンドの名前は、ギリシャ語で「征服しがたい」という意味のa(否定辞)+damazein(征服する)に由来します。無色が基準の色ですが、ピンクや、青、緑、オレンジ、黄色、褐色など多様です。身代わりとしての作用が強く、持ち主の身代わりとなって悪い気を吸収し、災いを防ぐパワーがあります。身につける人に強運と精神力を与え、チャンスを呼び込むジュエリーです。
 ダイヤモンドはすばらしい力を持つ不思議な石であり、夜の幽霊を追い払うことができると言い伝えられてきました。そのためにはゴールドにはめこみ、左手につけなければなりません。聖女ヒルデガルトによると、ダイヤモンドの至高の価値は、悪魔も知るところであり、この宝石は悪魔にとって大きな敵と見なされました。昼夜を問わず悪魔の力を食い止めるとも言われます。その他ダイヤモンドには、いろいろな種類のダイヤモンドにまつわる悲喜こもごもの興味深いストーリーがたくさん語り継がれています。さらなる物語は「宝石と鉱物の文化誌」を参考にされたい。
【効果と意味】
■ダイアモンド:ココロと人生におよぼす効果
◎永遠の絆・清浄無垢を象徴
◎不滅・勝利 ◎潜在能力を引き出す
◎金運の豊かさや収入アップに効果的
【お手入れとご使用の注意】
 カラット数よりもカットが美しいダイアモンドのパワーが強力です。ダイアモンドは、どのジュエリーと組み合わせても相性がよく、相手のジュエリーのパワーも強めます。持ち主に変わって悪い気を吸収するので、マメに浄化しましょう(1ヵ月に3〜4回程度)。
【4月の言葉】
 4月に生を受けたものは
 無益な悔い改めの涙を流したくなければ
 ダイヤモンドを身につけなければならない
 この石は無垢の象徴として知られる
 無垢とは悔恨は太陽とにわか雨
 ダイヤモンドとサファイアは妻の持参金 〜 「宝石と鉱物の文化誌」より

2)あらゆるものを浄化するパワーストーンの王様「水晶」(クリアクオーツ)(Quartz)[石英:せきえい】
【石言葉】 完璧・冷静沈着・神秘的
【歴史と言われ】 クリスタルクオーツ(透明な水晶、クリアクオーツ、ロッククリスタル)はあらゆるものを浄化する優れた石と言われています。すべての調和を生み出し、統合、強化しさらにパワフルな力を発揮します。邪気を払って霊力を高め、もつれた人間関係を解消します。
 ローズクオーツは女性の運気をアップし、愛に包まれ満ち足りた恋愛を望む女性を応援します。さくら色のローズクオーツは、愛の泉があふれてきます。人間関係のトラブルや愛の表現が苦手な方には不安や恐怖、悲しみやパニックを優しく癒し、楽にしてくれます。
  スモーキークオーツは、ブラウンなので溜めるパワーが強く、貯蓄運をもたらすので預金通帳と一緒に箱に入れるのもよいでしょう。
 ファントムクリスタルは、バランスのとれた強いエネルギーをもたらす鉱物とされています。才能を開くお手伝いをし、やる気や決断力を高める効果があると言われています。超能力や霊力、浄化力を強くする働きがあり、洞察力を養って瞑想に用いると短時間で深い瞑想状態に入れるとされています。
【水晶(クリアクオーツ)の効果と意味】
■クオーツ:ココロと人生におよぼす効果
◎クリアクオーツ:◎強い浄化力 ◎毒を中和し、精神錯乱を防ぐ ◎才能の開花を助ける
◎新陳代謝を活発にして抵抗力を高める ◎決断力・直感力を高めます。
◎ローズクオーツ:恋や出会いを呼び込みます。◎円満な人間関係をサポートします。
◎スモーキークオーツ:精神のバランスを整え、貯蓄運、家庭運をアップ。不眠症治療にも用いられました。
◎ファントムクリスタル:超能力・霊力を高め、深い瞑想に導きます。
【お手入れとご使用の注意】
 基本的にすべての浄化方法を用いて問題ありません。濃い色のクオーツは紫外線に弱いので、太陽による浄化は避け月光浴がおすすめです。
5月の宝石:エメラルド(Emerald)/ジェイド[翡翠、ヒスイ輝石、硬玉](Jedeite)
リラックス効果のエメラルド、願い事を叶えるジェイド(ヒスイ・翡翠)画像、ジュエリーリメイク1)緊張感を除きリラックスさせる「エメラルド」(Emerald)[緑玉:りょくぎょく]
【石言葉】 幸運・幸福・愛・新たな始まり
【歴史と言われ】
  古来から世界中のいろいろな民族が「魔法の石」として崇めてきた鉱物です。
 産出国はミャンマーが主ですが、古代アメリカ先住民はグァテマラ産のこの鉱物に彫刻をほどこして身を護る石として持つようになりました。またスペイン人は中央アメリカを侵略したときにこの石を発見しお守りとして用いるようになりました。日本でも古くからこの石を匂玉として使用されてきました。エジプトの女王クレオパトラは自分の鉱山を持つほどこの石に魅せられ、イヤリングを愛用していたと伝えられています。ローマの皇帝ネロが眼鏡として用いていたことからも、目に効くジュエリーと言われています。直感力と知性が磨かれ、心身に活力を与えると考えられていました。
■産地:ミャンマー
【効果と意味】
■エメラルド:ココロとカラダにおよぼす効果
◎沈着さと忍耐力を養い、災難から身を守ると言われています
◎腰や横腹の不調改善 
◎腎臓・眼の病気治療に用いられたり、体内の毒素を排除します
◎中東ではからだの痛みを除き、出血を抑える効果があるといわれています
【ご使用とお手入れの注意】
 ダイヤモンドと好相性です。年輪を重ねた熟年者にふさわしいジュエリーです。すべての浄化法を用いて可。
【5月の言葉】
 春のかぐわしい花の咲き乱れる5月に
 この世の最初の光を見たものは
 一生エメラルドを身につけていれば
 愛されて幸せな妻になる
 指にエメラルドが輝く女性は
 この世で一番幸せな妻となり母となる 〜 「宝石と鉱物の文化誌」より

2)ひとつの願いごとが必ず成就する「ジェイド」(Jedeite)[翡翠:ひすい]
【石言葉】 長寿・健康・徳
【歴史と言われ】  ジェイドの特徴は願い事をたったひとつ叶えてくれる「願かけ石」です。「再生」と「浄化」のパワーにより毒素を排出し新陳代謝を高め、細胞を若返らせます。
【効果と意味】
■ジェイド:人生とカラダにおよぼす効果
◎現金収入アップ、貯蓄など「金」のパワーをアップします
◎細胞を若返らせ、若さを取り戻す
【ご使用とお手入れの注意】
 素肌に直接触れさせると気を発し、よい色になっていきます。石自身の持つパワーが強いので、浄化の頻度は月に一度程度、ときどき日光浴で浄化しましょう。


6月の宝石:パール[真珠](Pearl)/ムーンストーン(Moonstone)/アレキサンドライト(Alexandrite)
恋を叶える女性の見方パール、遠距離恋愛をサポートするムーンストーン、才能を引き出し開花させるアレキサンドライト 画像、ジュエリーリメイク1)不老長寿・ステキな恋を引き寄せる「パール」(Pearl)
【石言葉】 健康・長寿・富
【歴史と言われ】 唯一日本が主な産出国であるパール(真珠)は、冠婚葬祭に欠かせない宝石としてとても身近なジュエリーです。真珠のおはなしとしてあまりにも有名な説話としては、プリニウスの「博物誌」。古くは、大変高価なジュエリーで、かのクレオパトラはその権威を示すため、王位在位中に所持していたイヤリングの片方を酢に溶かして飲み干したと言われています。パールの持つパワーは「天の露で受胎、産出する真珠」とされ出産、解毒効果を持つ高貴な石とされてきました。母貝の防衛手段から生まれたもののため、強い保護力があります。すべての女性の運気を高める強力なパワーがあります。
 淡水パールは、不老長寿の秘薬として仙人の伝説に登場するほど。現在は漢方や化粧品の材料(パールパウダー)としても利用されています。
■産地:日本
【効果と意味】
■パール:ココロと人生におよぼす効果
◎邪気を払い悪霊から身を守る ◎抵抗力、創造力を高める働き
◎穏やかで豊かな愛情を際立たせ、よい恋愛を引き寄せる
◎お金を増やす ◎内在する霊力を高める働き
■パール:カラダにおよぼす効果
◎安産のお守り(出産の苦痛を軽減する) ◎解熱、解毒効果 
◎古来より、真珠の粉末を蜂蜜やワインと混ぜて様々な病気治療に用いられました
【お手入れとご使用の注意】

 豊かな愛情を表現したいとき、シンプルなイヤリングやピアス、ペンダントを身につけましょう。硬度が低くデリケートなので取り扱いに注意しましょう。汗や化粧剤にも弱く、使用後はカラ拭きするなど、まめなお手入れが必要です。

2)離れた場所にいる人間の絆をサポートする「ムーンストーン」(Moonstone)
[月長石:げっちょうせき]
【石言葉】 愛の予感・幸運・知性・もの思い
【歴史と言われ】 月の石=「女性」のお守り石とされ、女性性の象徴です。「恋人の石」ともいわれ、絆を深め、豊かな愛情を約束するので、恋人へのベストプレゼントになるでしょう。ムーンストーンはインドでは幸運を招く石とみなされきました。中世ヨーロッパでは恋人への最高の贈り物とされていました。ムーンストーンを研磨していくと、光の回折、干渉作用で淡青乳状や真珠のような閃光を放ち、殊に底面に直角な方向から見ると青い光が秋の月のようなので、この名称になったとされています。プリニウスの『博物誌』、アルベルトゥスの『鉱物書』ではともに「この石は月の満ち欠けに従って、形が大きくなったり小さくなったりする」と書かれています。変化を意味するムーンストーンは、女性が環境を変えたり変化を求めるときに身につけると、よい方向へ導いてくれます。
■産地:インド
【効果と意味】
■ムーンストーン:ココロと人生におよぼす効果
◎身に付けると未来を予知する能力をもたらすと言われています。
◎暗い夜道を照らして旅の安全を守ります。
◎この石を口に含んで願をかけると願いが叶うと言われていました。
■ムーンストーン:カラダにおよぼす効果
◎肺や気管支の病気治療に用いられました。
◎安産のお守りとして用いられました。
【お手入れとご使用の注意】

 シルバーの台と好相性です。イヤリングやピアス、ペンダントなど体の上の方につけると運の吸収率が高まります。月光浴を好むので好天の満月の夜に月の光を浴びさせて浄化しましょう。その他、すべての浄化法を用いてOKです。

3)隠れた才能を引き出し開花させる「アレキサンドライト(アレキサンドル石)」(Alexandrite)[金緑石:きんりょくせき]
【石言葉】 秘めた思い・沈着・勇敢
【歴史と言われ】 
この石の特徴は、色変化を起こすところから、二面性が語られる鉱物です。知性と情熱、神秘性と現実主義など相反する特性を有する面や、変わり身の早さの象徴として語られます。ロシア皇帝アレキサンダー2世の誕生日に発見されたことからこの名前がつけられました。キャッツアイと同石のクリソベリルの一種で、古くは邪悪なものから身を守る石とされてきました。
■産地:ブラジル
【効果と意味】
■アレキサンドライト:ココロとカラダにおよぼす効果
◎邪悪なものや悪霊から身を守ると言われています。
◎古来より神経系統や、脾臓、膵臓を強めるときに用いられました。
◎初めての場所でも容易に周囲に溶け込める柔軟性をもたらします。
◎細菌に対する抵抗力を高めます。(インフルエンザの季節に身に付けるといいかもしれませんね)
【お手入れとご使用の注意】
 希少価値が高く、高価なジュエリーです。ダイアモンドと好相性です。浄化はすべての方法を用いてOKです。
7月の宝石:ルビー(Ruby)/カーネリアン(Carnelian)
戦いに勝利するルビー、仕事を成功に導くカーネリアン 画像、ジュエリーリメイク1)闘いに勝利する軍神マルスの石「ルビー」(Ruby)[紅玉:こうぎょく]
【石言葉】 熱情・純愛・仁愛・威厳
【歴史と言われ】
 名称は、ラテン語で赤の意味のrubeusに由来します。テオフラトスの『石について』や、アルボドウスの『宝石について』などの文献には、この鉱物が示す真っ赤な色を不滅の炎に例えて、不死身の力を授け、情熱や深い愛情に恵まれると記述されています。議論や論争では成功と勝利を収め、戦場では敵を破る「お守り石」として戦士が身につけたとされています。また、ダイヤモンドと並び称される最上のジュエリーで、色が明るくクリアなレッドが強い波動を持つとされています。ルビーはどんな種類でも身につける人の肉体と精神の健康を維持するのに役立ちます。邪悪な思考を取り除き、色恋がらみの欲望を制御し、悪疫のもととなる蒸気を霧散させ、口論を和解させるとされています。
■産地:アフガニスタン
【効果と意味】
■ルビー:ココロと人生におよぼす効果
◎勇気と情熱を強化し、あらゆる戦いに勝利をもたらします。受験や就職活動に。
■ルビー:カラダにおよぼす効果
◎心臓を強化し血液の循環を良くします。
◎低血圧を改善する力があるとされています。
◎発熱を抑える効果もあるそうです。
【お手入れとご使用の注意】
 ルビーを引き立てるゴールドやプラチナの台が好相性です。 指輪や帯留めのように、頭から離れた位置につけましょう。

2)仕事を成功に導く「カーネリアン」(Carnelian)[瑪瑙:めのう]
【石言葉】 勝利・勇気・友情・不屈
【歴史と言われ】 
無地のアゲート(Agate)「瑪瑙(めのう)」が、カーネリアンです。古くは紀元前2500年頃のメソポタミア、ウル王墓から首飾りなどが発掘されました。総力品や印鑑・印章としてよく用いられ、殊にナポレオン1世はカーネリアンの八角形の印章を生涯使い続けたという話は有名です。語源はラテン語の「新鮮」とされ、フレッシュなパワーと勇気を与える石として用いられました。カーネリアンの赤い色は鉄分によるもので、血液に関する治療や、肝臓の働きを助けるために用いられました。
【効果と意味】
■カーネリアン:ココロと人生におよぼす効果
◎力強さと勇気の象徴
◎潜在能力を十二分に発揮し成功へ導きます。
■カーネリアン:カラダにおよぼす効果
◎出血を止める ◎神経痛や肝臓の病気治療に用いられました。
【お手入れとご使用の注意】
 すべての浄化法を用いて可。但し、太陽光に長時間当てることは避けましょう。


8月の宝石:ペリドット(Peridot)/サードニックス[石](Quarz)
人を引き寄せるペリドット、家庭円満と夫婦和合のサードニクス 画像、ジュエリーリメイク1)周囲に人を引き寄せる「ペリドット」(Peridot)[橄欖石:かんらんせき]
【石言葉】 夫婦の幸福・和合
【歴史と言われ】 3500年前に紅海のセント・ジョン島(エジプト)で発見され古代エジプトではこの石の発する黄金色を国家の象徴である太陽神と見立てて崇められました。一説には、金とともに用いお守りにすると夜の恐怖を解き放ち悪霊から身を守るとされてきました。「イブニング・エメラルド」の別名を持ち、夜の人工光のもと、強まったグリーンの光で男女を問わずたくさんの人を集めるので友人の欲しい人におすすめです。
■産地:アフガニスタン 
【効果と意味】
■ペリドット:ココロと人生におよぼす効果
◎豊かな知恵と分別で夫婦の和合を図る
◎ストレスを軽減 ◎内面を美しく輝かせる
■ペリドット:カラダにおよぼす効果
◎痔の治療薬として
◎肝臓や脾臓の不調を改善し筋肉を強化
◎肩こりや筋肉痛の不調を改善する効果
【お手入れとご使用の注意】
 恋の出会いを望むなら、ペリドットのリングを左手に。交友関係を拡げたいなら右の人指し指に。すべての浄化法を用いることができます。

2)家庭円満・夫婦和合の「サードニックス(サードオニクス)」(Sardoniyx)[紅縞瑪瑙:あかしまめのう]
【石言葉】 知恵・勝利・幸福
【歴史と言われ】
  古代の書物に「不摂生を遠ざけ貞節にし、慎み深くさせる」と記されていて、温かな家庭と夫婦和合を象徴しています。瑪瑙は赤色と主に白色とが交互に縞目を表したものが多く、広範な用途に用いられます。宝飾品のほか彫刻材料、印章にも使用されます。サードオニクスの名前は産地であるサルディスとギリシャ語のonyx(爪の意味)が合成されたものです。
■産地:ブラジル 
【効果と意味】
■サードニックス:ココロと人生におよぼす効果
◎夫婦和合、幸せな結婚、愛情を象徴する
◎一家和楽と諸願満足 ◎悲しみを浄化し、話術を巧みにする
■サードニックス:カラダにおよぼす効果
◎古くから「黄疸の治療」に使われていました。
◎脾臓、膵臓の不調改善
【お手入れとご使用の注意】
 サードニックスは彫刻や印章材料に使用されるように、置物としての使用もオススメ。浄化はすべての方法を用いてOK。

9月の宝石:サファイヤ(Safia)[青玉]/アイオライト(Aiorhgitl)
貞節な愛と財運アップのサファイヤ、体脂肪を燃やしダイエットをサポートするアイオライト 画像、ジュエリーリメイク1)貞節な愛と財運アップの「サファイア」
(Safire)[青玉:せいぎょく]

【石言葉】 誠実・慈愛
【歴史と言われ】
 古代サファイアと呼ばれていたのは、ラピス・ラズリ(瑠璃)だったそうです。古来より「聖なる石」とされ、キリスト教の聖職者にリングとして用いられていました。このジュエリーを身につける人は邪悪なものから身を守り、精神を安定させると信じられてきました。ピンクサファイアはルビーと同じ特性を持ち、ピンク色の石をサファイアと呼びます。グレードの高い恋愛運を呼び込むとされています。
■産地:スリランカ 
【効果と意味】
■サファイア:ココロと人生におよぼす効果
◎貞節な愛(不貞をはたらくと光沢が失われると言われています)
◎ブルーサファイア:強力な財運を持っています。人目に触れるとパワーがアップするので、目立つ位置につけましょう。
◎ピンクサファイア:病気や不幸から身を守る石とされてきました。恋愛運を呼び込む石です
■サファイア:カラダにおよぼす効果
◎霊魂を鎮めて憎悪の感情を和らげる
◎身に付ける人を邪悪なものから護る
【お手入れとご使用の注意】
 ピンクサファイアは出会いを期待できそうな日に、肌に直接触れるアクセサリーを選んで身につけるとよい運気を吸収し、グレードの高い出会いを呼び込みます。浄化法はすべての方法を用いて問題ありません。

2)転職・転機のチャンスをサポートし、ダイエットにもよい「アイオライト」(Iolite)[菫青石:きんせいせき]
【石言葉】 誠実・貞節・救済
【歴史と言われ】
 濃い青色から淡い青色、紫に近い青色や黄色味を帯びた青色まで多色性がある鉱物です。その昔、バイキングがこの鉱物を航海のときに携え、太陽に向けてまわすと色が変わるという特性を利用し、羅針盤の方角を算定するのに利用していたので、別名「海のサファイア」とも呼ばれました。これから進むべき道が明らかにし、転職・転機の方向性を明確にする助けとなります。
産地:インド 別名:コーディエライト(Cordierite)加熱すると単色に変わり、青色が濃いほど貴重だそうです。
【効果と意味】
■アイオライト:ココロと人生におよぼす効果
◎目標へ向かい正しい方向へ前進させる羅針盤
◎霊的能力を高める働き
■アイオライト:カラダにおよぼす効果
◎緑内障、歯ぐきの治療
◎体脂肪を減らす働きがあるとの説があります
【お手入れとご使用の注意】
 アイオライトは硬度が低いので、置物としてパソコンやデスクまわりに飾るのもよいでしょう。湿気と乾燥に弱く、割れやすいので使用後はマメにお手入れしましょう。色落ちしやすいので、夏場の汗をかきやすい季節には不向きです。太陽と水による浄化は避けましょう。


10月の宝石:オパール(Oparl) / トルマリン(Trmarine)
肌を美しく見せ若さを保つオパール、体力・免疫をアップするトルマリン 画像、ジュエリーリメイク1)肌を美しくする「オパール」(Oparl)[蛋白石:たんぱくせき]
【石言葉】 希望・無邪気・潔白・安楽・忍耐
【歴史と言われ】
 「この石の光の美しさは目にまぶしいほど」というようにたぐいまれな輝きを賞賛されたと、複数の文献に記載されています。オパールは水分が20%も含まれる乾燥に弱い石です。宝石として人気が高いのは内部にプレイオヴカラー(遊色)といわれる光のゆらめきがあるものです。内面に蓄積された悪い気や迷いを浄化し、外部からのネガティブな影響をブロックします。強烈な光を放つので「魔除け」としての効果があります。婚姻を結んだあとに身につけると細胞が活性化し、いつまでも若々しく美しい容姿を保ちます。
【効果と意味】
■オパール:ココロと人生におよぼす効果
◎知性と美を最大限に高めます。
◎希望・幸福を招く「お守り石」として古代の民族は崇拝していました。
◎霊的能力、直感力を高め、高次の意識へ促す効果があるそうです。
■オパール:カラダにおよぼす効果
◎眼病治療、特に視力回復に用いられました。
◎心臓、肺、血液の不調を改善すると伝えられています。
【お手入れとご使用の注意】
 パワーの強いジュエリーなので、単体でのご使用がおすすめ。リフォームするなら、ホワイトゴールドか、ゴールドの台がおすすめです。ダイヤモンドとの組み合わせがベスト。紫外線にとても弱いうえ、乾燥するとひび割れてしまうので、太陽による浄化は避けましょう。

2)体力・免疫力をアップする「トルマリン」(Tourmaline)[電気石:でんきいし]
【石言葉】 希望・忍耐・幸福(ピンクトルマリン)
【歴史と言われ】
 マイナスイオンを放出し、健康向上をもたらす石です。空気や水を浄化し、ストレス・イライラを解消します。トルマリンにはさまざまな色があります。和名はこの鉱物の結晶が上の層と下の層では異なる異極晶で、鉱物を加熱すると(+)(−)に帯電することから「電気石」と命名されました。古来より様々な民族の間で儀式や祈祷、いろいろな病気治療薬として用いられてきました。ヨーロッパの哲学者ジョン・ラスキンの著書(18世紀)では、「トルマリンの化学は宝石のつくりというより中性の錬金術師の処方箋に近い」と言わしめ、いかに化学構造が複雑であるかを強調しています。
  ピンクトルマリンは強力な出会いを持つ「恋の石」とも言われます。
【効果と意味】
■トルマリン:ココロと人生におよぼす効果
◎衰弱した精神を強化し、身体の活性化を図る  ◎集中力、感受性、理解力を明晰にし高める
◎ピンクトルマリン:過去の愛を浄化、キズを癒し障害を乗り越えるパワーを与えます。血行促進、精神を強化し恋愛に対して積極的になります。運気を変えたいときにもどうぞ。
◎ブラックトルマリン:マイナスイオンを発して体力を増強してくれます。浴槽に入れて入浴すると免疫力アップに役立ちます。
■トルマリン:カラダにおよぼす効果
◎内分泌系のバランスを整える  ◎肥満を解消する
◎体組織細胞の再生を促す  ◎喉の不調を改善する
【お手入れとご使用の注意】
 ホワイトゴールドの台が好相性、ピンクトルマリンならピンクゴールドの台もかわいいです。すべての浄化法がOKです。
11月の宝石:トパーズ(Toparz)[黄玉] / シトリン(Citlin)[黄水晶]
冷え性、創造性霊的能力を高めるトパーズ、貯金を増やし商売繁盛、ダイエットサポートするシトリン 画像1)創造性と霊的能力を高める「トパーズ」
(Toparz)
[黄玉:おうぎょく]
【石言葉】 誠実・友情・潔白・幸福
【歴史と言われ】
 トパーズで代表されるのは、唯一ブラジルのミナス・ジェイラス州オーロプレト付近に産出する「インペリアル・トパーズ」と言われている黄色石です。それ以外の色として、無色や淡青色、ピンク色、青色、オレンジ色のものもがあります。霊的能力を強めると言われ、魔術師などに珍重されてきました。
■産地:ブラジル
【効果と意味】
■ブルートパーズ:ココロと人生におよぼす効果
◎幸福、友愛、希望を象徴
◎創造性と感受性を高め、霊的能力を高めます。
■トパーズ:カラダにおよぼす効果
◎痛風、冷え性の改善
◎肝臓病、皮膚病の治療に効果があると伝えられています。
【お手入れの注意】
 連続のご使用は避け、多くても週3回程度にしましょう。紫外線に弱いので太陽による浄化は避けてください。水による浄化、砂に眠らせる浄化法がおすすめです。
【11月の言葉】
 ものさびしい十一月の霜とともに
 この世に生まれでたものは
 アンバー色のトパーズを大切にしなければならない
 それは真の友と恋人のしるし
 固い友情は十一月のもの
 この石の持ち主は身につけたトパーズのもと
 真実の愛を得る 〜 「宝石と鉱物の文化誌」より

2)ダイエットを応援、貯蓄が増え、商売繁盛をサポートする「シトリン」(Sytlin)[黄水晶:きずいしょう]
【石言葉】 友情・希望・繁栄(金運)
【歴史と言われ】
 クオーツ(石英)グループの中で黄色の水晶のことを言います。主産地はブラジルやチリ、メキシコなどですが、最近ベトナムから上質のものが発見されました。レモンのような色からフランスの柑橘類シトロンの果実の色に似ていることから名づけられました。天然物は産出量が少なく、熱処理で色づけされたものがほとんどです。金色に輝くこの石のイメージにピッタリの金運や財運、仕事運をアップさせ繁栄と豊かさを引き寄せるとされています。新たに事業をスタートさせる人にはおすすめです。
■産地:ブラジル
【効果と意味】
■シトリン:ココロと人生におよぼす効果
◎商売繁盛、富をもたらす「幸運の石」
◎潜在能力を引き出し、心身のバランスを整え、暖かいエネルギーで包む
◎神経をリラックスさせ、ストレスを解放する
■シトリン:カラダにおよぼす効果
◎視神経を活性化する  ◎毒素・老廃物を排出する
◎胸腺の不調を改善する
【日常のお手入れとご使用の注意】
 どのジュエリーとも相性がよく、リフォームするなら台はゴールドがおすすめです。シトリンは紫外線に強くないので、太陽による浄化は数分程度にしましょう。できれば水による浄化がおすすめです。


12月の宝石:ターコイズ[トルコ石](Trc)/ラピス・ラズリ(Rapis)/タンザナイト(Tanzanight) / ジルコン(Zilcon)
旅の守護石ターコイズ、無限のパワー幸運の石ラピスラズリ、財運アップ霊力を高めるタンザナイト、平和をもたらすジルコン 画像1)仕事の成功と豊かさもたらす
「ターコイズ」(Turquoise)[トルコ石]

【石言葉】 成功・繁栄・不屈
【歴史と言われ】
 6種類あるターコイズグループの中の一つで、名称が色の名前(ターコイズ・ブルー)にも使われるように、その美しい空色の発色は古来から持つ人の心を魅了してきました。現在最上質のターコイズ(トルコ石)を産出するペルシャ(現在のイラン)では約6千年前から採掘されていたとされ、古代エジプトの初期の墳墓や古代インカの財宝の中からターコイズの装飾品が発見されました。このことから、人類にかかわる石の中でもっとも古い鉱物のひとつだと言われています。
 ターコイズにまつわる特別な迷信、つまり身につける人を落下の危険から守るという迷信がはじめて記録されたのは、修道士フォルマールの「シュタインブーフ(Steinbuch)」でしょう。 ゴールドにはめ込まれた本物のターコイズを持つ者は誰でも、どこから落ちても手足を折ることはないと伝えられる。なにかに乗っていようと、歩いていようと、その石を身につけている限り。
古来『アラビア鉱物書』にも「目の粉末薬に混合すると一層よく目に効く」と記述されているように疲れ目にも効果的です。
産地:U.S.A
【効果と意味】
■トルコ石:ココロと人生におよぼす効果
◎勇気とやる気を強めます。 ◎深い洞察力を与え、周囲の人を惹き付けます。 
◎邪悪なものや迫り来る危険から身を守ります。 ◎自己表現がラクにできます。
◎「旅の守護石」として用いられてきた石です。旅行や仕事の時に身につけましょう。
■トルコ石:カラダへおよぼす効果
◎視力を守る  ◎肝臓、胆嚢の機能を強化する働き
【日常のお手入れとご使用の注意】
 備えているパワーすべてを持ち主に与えるので、まめに浄化しましょう。水を吸収しやすく紫外線に弱いので、水と太陽光による浄化は短時間にしましょう。また、塩にも弱いので、できればお香やハーブの煙による浄化がおすすめです。

2)無限のパワーを宿している幸運の石「ラピス・ラズリ」(Lapis lazuli)[瑪瑙:るり、青金石:せいきんせき]
【石言葉】
 高貴・崇高・成功の保証
【歴史と言われ】
 ラピス・ラズリはメソポタミアのウルの墓群からの出土品に見られる、世界最古の歴史を持つ、もっとも古い石の一つとされています。エジプト時代の叡智を引き出して宇宙とつながり、私たちの「第三の目」を目覚めさせてくれると言われています。世界各地の様々な地域で「聖なる石」として用いられてきました。ラピス・ラズリは「小さな金色の水玉模様がある青い石」で憂鬱な気分や「四分の一熱」という三日ごと、あるいは四日ごとに熱がぶりかえす病気の治療に使われていたようです。
 日本でも、瑠璃石と呼ばれて、昔から水晶と同様に「幸運のお守り石」として広く人々に愛好され、その効能も多岐にわたって認められているそうです。持っているだけで凶事を避け、身を守るパワーもあるので、異変が生じると割れたり、変色したりすることがあります。
■産地:アフガニスタン
【効果と意味】
■ラピス・ラズリ:ココロと人生におよぼす効果
◎幸運のお守り石として広く愛好されています。
◎脳の働きが活発化し、インスピレーションを与えます(受験生や研究者におすすめ)
◎迷いが生じたときに正しい判断力を促し、行くべき道を暗示してくれるでしょう。
◎効能は多岐にわたって認められています。
■ラピス・ラズリ:カラダにおよぼす効果
◎直感力を高める ◎不安や邪念を払い、幸運を招く
◎視力を回復する
◎心臓と脈拍を安定させる
◎甲状腺の不調を改善する
【日常のお手入れとご使用の注意】
 ダイヤモンドとパールとの相性はよいですが、それ以外の石との組み合わせはおすすめしません。特別に気位の高いジュエリーなので専用の保管スペースをおすすめします。

3)財運アップと霊力強化の「タンザナイト(黝簾石:ゆうれんせき)」(Tanzanite)
【石言葉】 高貴・冷静・空想
【歴史と言われ】
 一説には、古代ケルト民族の間で「霊力を授ける魔法の石」として崇拝されてきました。タンザナイトは「ブルーゾイサイト」とも呼ばれ、最初に発見されたタンザニアにちなんで名づけられました。多色性があり、見る角度によってブルーやラベンダーなどのやさしい輝きを発します。
■産地:タンザニア
【効果と意味】
■ココロと人生におよぼす効果
◎正しく明晰な判断能力の向上
◎落ち着いた思慮深い思考でものごとを成功に導きます。
◎財運を呼び込むほか、精神的な豊かさにも効果があると言われています。
■カラダへおよぼす効果
◎眼に関わる病気治療に用いられました。
◎体内の毒素を排除するとされています。
【日常のお手入れとご使用の注意】
 すべての浄化法を用いてOKです。モノトーンのドレスや他の宝飾品と組み合わせると、タンザナイトが引き立ちます。

4)内外に平和をもたらす「ジルコン(風信子石:ふうしんしせき)」(Zircon)
【石言葉】 やすらぎ・成功
【歴史と言われ】
 色のバリエーションが豊富で、淡黄色や橙色、白色、青色のものなどがあります。無色のものは屈折率が高く、光沢も同様のダイアモンド(Diamond)「金剛石」に似ていることからイミテーションとして用いられたこともありました。古代ギリシャではヒュアキントス(hyakinthos)と呼んで珍重したようです。それは、この石の光輝の強さからギリシャ神アポロンを連想し、ギリシャ神話でそのアポロンに愛された美少年(Hyakinthos)の名前にちなんでいます。「ジルコン」の名称はペルシャ語の「金色」が由来とされます。
■産地:ブラジル
【効果と意味】
■ジルコン:ココロと人生におよぼす効果
◎悲しみを取り除き、いわれのない嫌疑を晴らす(マルボドゥスの『宝石について』より)
◎精神を癒し、静かな平和をもたらす
◎周囲の人々にこの石を持つ人の魅力(美しさや柔らかさ)を気づかせる力があると言われています。
■ジルコン:カラダにおよぼす効果
◎体内の毒素を排除する作用
◎骨折の早期治癒
◎出産時の苦痛を和らげる効果があるとされています。
【日常のお手入れとご使用の注意】
 いろいろなカラーのジルコンを組み合わせたブレスレットもステキです。基本的に浄化、パワーチャージともすべての方法を用いて問題ありません。「ジルコニア」というのは、名前が似ていますが、合成石ですので、天然のジルコンを選びましょう。


 ここに紹介している石のパワーは、あくまでも、言い伝えや歴史・文献からのものです。宝石を身につけたすべての人に期待した効果が現れるものではありません。ジュエリーを選ぶ際に、またはジュエリーリフォームの際の参考にしていただければ幸甚です。ここに記された情報はほんの一部です。特に宝石にまつわるネガティブな(怖ろしい物語)物語は省略しています。そんな情報を知りたい方や、さらなる詳細を知りたい方は右記の文献・書籍をご参照ください。サイトに記載されている文章のコピペを禁じます。自分で調べて考えて作文してくださいね。お願いしますよ!

 

宝石リフォーム修理

宝石物語 修理・リフォーム

松岡由浩のブログエムズファクトリー

お客さまのお声・エムズファクトリー

宝石リフォーム・クーポンお得情報

宝石修理リフォーム・エムズファクトリー

OTHERS

■宝石のことをもっと知りたい方は、下記書籍をお読みくださいね!

鉱物図鑑 先達が語る鉱物にまつわる叡智 パワーストーン百科全書

94の石を目的別「健康・愛・人生・豊かさなど」に図入り説明

ツキを呼ぶ「パワーストーン」持っているだけでお金がたまる!幸せになる![単行本] 2007.1月発売

宝石と鉱物の文化誌【伝説・迷信・象徴】2011.2月発売

だれでも思いどおりの運命を歩いていける!―幸運を手に入れるココロとカラダの習慣 2005.2月発売

身につけるもので運命は大きく変わる! 2010.9月発売

天然石パワーストーン組み合わせバイブル〜石の力をさらに引き出す 2010.2月発売

パワーストーン・セラピー(カラーイラスト写真を多用・クリスタル・ヒーリング) 2008.2月発売

決定版 パワーストーン大事典 「少女コミック」宝石占いのマダム・マーシ著 2011.8月発売

石同士の相性がわかる「パワーストーン組み合わせBOOK」[単行本]2006.12月発売

幸運を呼ぶパワーストーン&宝石の事典〜運命を変えるあなただけの貴石 [単行本] 2004.1月発売

幸運を引き寄せるパワーストーン事典 2008.5月発売

医師がすすめるパワーストーン〜病気を治し魂を癒す「石」の医力 2009.6月発売

願いがかなうパワーストーンレッスン〜健康と幸運のためのチャクラ活性法 (セレクトBOOKS) [単行本] 2008.9月発売

パワーストーン組合せ方ガイド〜あなただけの「しあわせブレスレット」